過去にITバブル時代?に騒がせていた方たちにあまり興味がありませんでしたm(__)m
村上世彰氏はニュースで見たことあるぐらいで投資の世界に全く触れてもいなかったので
なんか悪いことしたのかな?ぐらいです。(今でも何をしたかよくわかりません)


当時「お金をもうけることは悪いことですか?」をテレビで見て
お金の儲け方の内容はさておき
こういう事を発言することは駄目なんだなと勉強になりました。


と賛否両論はおいておき
まだ読み始めですがこの方の投資スタイルがシンプルで分かりやすかったので紹介です。


例えば
0円の可能性が20%、200円の可能性が80%だと
0円×20%+200×80%=1.6
0円の可能性が50%、200円の可能性が50%だと
0円×50%+200×50%=1
0円の可能性が80%、200円の可能性が20%だと
0円×80%+200×20%=0.4

期待値が1を超えないと投資をする意味はないという考え方で
多くの投資家が負ける確率が5割以上や0になる可能性が20%以上だと
投資をしないという中、
期待値がすべてという考え方です。


私には面白い考えで、リスクもありつつ安定要素もある、
とにかく考えがシンプルなのが気に入りました。
(実際はこのパーセンテージを図ることが難しいのでしょうが)




気になった方はぜひ読んでみてください。
ランキングに参加しています。宜しければポチっとお願いいたしますm(__)m




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://madamegina.blog.fc2.com/tb.php/406-98899f07